JavaScriptを有効にしてください。

CinericCineric Inc

甲子園100回大会ドキュメンタリー

Produce Post Service

『KOSHIEN: Japan’s Field of Dreams(甲子園100回大会ドキュメンタリー)』

毎年日本全国を熱狂させる高校野球。2018年、夏の甲子園は100回大会を迎えました。
その記念すべき年の特別プロジェクトとしてNHK / NHK エンタープライズとシネリック社が国際共同制作。

アメリカの「べースボール」とは異なる日本の「野球」。2000 年代以降イチロー、松井秀喜、 田中将大ら、そして2018年には大谷翔平が「二刀流」で新人王を獲得するなど、活躍が目覚しい日本人選手。その中で、海外ではまだあまり知られていない日本独特の高校野球の文化を世界に伝えたいという思いから始まったプロジェクトです。

主人公は横浜隼人高校の水谷哲也監督。30年近いキャリアの中でも特別な思いでこの記念すべき年に挑んでいました。自称「昭和の頑固オヤジ」である水谷は、勝つことのみならず、挨拶や掃除などを徹底し人間形成を重要視。更には、メジャーリーガー大谷翔平や菊池雄星を輩出し、甲子園準優勝経験もある花巻東高校野球部、佐々木洋監督の恩師でもあるのです。
この作品では水谷監督と佐々木監督の100回大会の年を追いながら、高校野球を日本の社会の縮図と位置づけ、変わりゆく時代を考えます。昭和から平成、そして未来へ。時代とともに変えるべきもの、変えてはならないもの…純粋に青春の全てをぶつける高校球児と、教育の最前線にたつ指導者の葛藤、そして喜びを見つめた作品です。

ドキュメンタリー映画「KOSHIEN: Japan’s Field of Dreams」

監督:山崎エマ(Ema Ryan Yamazaki)
プロデューサー:エリック・ニアリ
制作:シネリック・クリエイティブ NHK NHKエンタープライズ
出演:水谷哲也 佐々木洋 大谷翔平 菊池雄星
配給:First Run Features (北米) 日活(北米と日本を除く全世界)

・アメリカ最高峰のドキュメンタリー映画祭 DOC NYC’19 に入選

注目の女性監督が米国へ伝えた“高校野球の真実”「日本社会の縮図が見えてくる」
>>映画.com


NHK(総合テレビ)にて、ノーナレ『遥かなる甲子園〜Diaries of Youth〜』が放送されました!(2018年8月9日)

第100回記念の甲子園の舞台にたつ56校。その影には地方大会で敗れた3725校の知られざる物語がある。熾烈なレギュラー争いが繰り広げられる部員129人の野球部に密着。

番組ウェブサイト:
ノーナレ選「遥(はる)かなる甲子園 Diaries of youth」


NHK(教育テレビ)にて、『HOME 我が愛しの甲子園』が放送されました!(2019年3月30日)

メジャーリーガー大谷翔平や菊池雄星を輩出した花巻東高校野球部の佐々木洋監督。彼が師とあおぐ横浜隼人の水谷監督との間の知られざる絆の物語。


番組ウェブサイト:
ETV特集

朝日新聞にも紹介されました!
監督に1年密着、カメラで迫った高校野球 米の映像作家

GO BACK